www.pourcelot.com

-

-

私は出来るだけクレーム処理は受けたくないと思っていますが、一度クレーム処理をした後にとても達成感を感じたことがあります。 アパレル店で働いていたとき、あるお客様がクレームを言いにお店にやってきました。 その内容は、3年前に購入したブーツがこんなにボロボロになってしまったというものでした。 正直商品を見ると、とても履きつぶされているのが分かり、これだけ履いたらこうなるのは当然だと思いました。 しかし、お客様はこんなにボロボロになるなら返品したいとおっしゃりとても困ってしまいました。 使用済みのものはもちろん返品も交換も出来ないので、お客様のクレームをどう対応すればいいのか分からなかったからです。 しかし、その後繰り返しお客様の話を聞き出来る範囲で修理に出す事を決めました。 それも無料では出来かねるので何とかお客様を説得し修理費も決めました。 何度も修理に出し、見てもらってはまだここが駄目だ、汚いとやり直し5回修理を重ねてやっと納得してもらいました。 とても大変でしたが、それでも最後にお客様の笑顔が見れてすごく嬉しかったです。 クレームはとても面倒だと思いますが、それでもお客様の立場に立って出来る事を一生懸命やれば何か得るものは必ずあると思います。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.