ドル買いだから円安ドル高

-

-

どこにでもある初心者向けのFXの本では、「損失を被った場面ではナンピンして、全体の平均の買い付け価格を抑える」等記述されている事もありますがここには危険性が待っています。

まずはじめに、ナンピンの原理に関して簡単に説明しておこう。

仮に1ドル100円でドルを買ったとする。

ドル買いだから円安ドル高に進むほど儲けが出るわけだが1ドル95円まで円高が進んだとします。

その場合ポジションを保持し続けたら損失が戻るためには、円高になった分円安に向う必要があります。

みんな、損失は早く戻したいと願います。

それを解決するため最初に取引したのと同額のドルを95円で買い増します。

それで、ポジション全体の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで低くすることができる。

結果として、2.50円の幅でドル高が進むと、マイナスを取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピンのやり方です。

ナンピン買いのロジックを目にすると、「確かに」と考えたりするが、そう簡単には上手くはいきません。

初めから、95円が下値だということなど、なんびとも分かるはずがありません。

もしも、外国為替市場がかなり強いドル安基調だとしたら、95円では収まることなく更に一段の円高が加速する確率は高くなります。

仮定として、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に、95円までドル安に向ったらナンピンした分にも、マイナスが生まれます。

こういう状態では初めに売買したドルと一緒に、より大きな損失を被ることになります。

このように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

であるなら、為替が自分の筋書きとは逆にさっと行ってしまった場合、いかなる方法で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。

ここで選択する選択肢は2つ。

ひとつめは覚悟を決めて、損切りをすること。

もうひとつの手段としてはその時点で、自分が所有している買いポジションを小さくする事によって、もう一回マーケットが戻るのを黙って待ち望むことです。

相当後ろ向きな対策だと考える投資家もいます。

しかしながら、買いポジションに損が生じた場合、妥当な手段はこの他にはありえません。

勿論、理論上は、ナンピンという対策も効果的です。

けれどもナンピンは、自分か損失を出しているのに、買いポジションを減少させるどころか、ポジションを積んでいく方法である。

この手段では、危険性を避けることなどどこをどうやっても無理だと考えたほうがいいです。

ナンピン買いを続ければその内損失が回復するかもしれません。

だけど、それより先にお金は足りなくなってしまいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.