1ドル=97.50銭まで下げることができます結果として

-

-

どこにでもある初心者向けのFX取引の本では「損が生まれた状況ではナンピンすることで全体の平均の価格を下げる」等と助言されていますがそれにはかなり大きな隠れたリスクがある。

最初に、ナンピン買いの方法に関して簡単に記述しておきます。

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

ドル買いですので円安になるほど利益が大きくなるわけですが思い通りに行かず1ドルが95円まで円高・ドル安が進んでしまったとします。

この場合ポジションを持ち続けたら、損失が回復するまでには損した分、ドル高が進まなければなりません。

誰もがみんな、損は早く無くしたいと思います。

この状況を乗り切るため最初にエントリーしたのと同じ分の$(ドル)を、95円でエントリーします。

そうしたら、平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで下げることができます結果として、半分の幅で円安が進むとマイナスを失くすことが出来ます。

この流れがナンピンのロジックだ。

このとおり、ナンピンの手法を耳にすると「その通り」という風に思うが為替相場はそう易々と思った通りにはなりません。

だいたい、1ドル=95円が底値だということなど、なんびとも想像できません。

もし、マーケットがかなり強いドル安動向だとしたら、1ドル=95円では下げ止まることなく、一段の円高ドル安にいく危険性はあります。

97.50円でナンピンをしたとしても、95円まで円高ドル安になったらナンピンしたポジションについても損失が生じることになってしまうのである。

この状態では、初めに持ったポジションとあわせて、更なる差損を被ることになります。

この例のように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

それでは、相場が自分自身の物語とは逆にさっさと進んでしまった場合、どういった術でリスクを回避すればいいのでしょうか。

ここで選択する術は2つしかありません。

ひとつは潔くポジションを閉じる事です。

もうひとつは現在、自分か所持している買いポジションを小さくする事によってもう一回為替相場が回復するのを黙って待機する事です。

かなり後ろ向きな手段だと言う人もいます。

けれども、所有している買いポジションに損が生じた場合妥当なやり方はこれよりいいものは期待できない。

当然、考え方としては、ナンピンをするという手法もあるように思える。

だがしかしナンピン買いは、マイナスになっているのに、買いポジションを減少させるどころかそれとは逆に買いポジションを買い増していく手段です。

これでは、危機を回避することなどどこをどうやってもできない察するべきです。

ナンピンを続ければやがては勝てるかもしれない。

しかし、その前に投資資金がマイナスになってしまいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.