www.pourcelot.com

-

-

クレカが不要になってしまった…このような時に機能停止(きのうていし)を行いましょう。説明はいらないと思いますがカードの使用取りやめとは皆様が保有しているそのクレジットをもうお店などに行っても買うことの出来ないようにしてしまうことです。こちらの項目の中でクレジットカードの契約解除の手順から機能停止の注意点などを力を入れて挙げて参ります。この文章をご覧になってもらえば退会における不安材料を解決してもらえることだろう。割り切って言うがクレジットカードを解約するやり方はとても楽なのです。「クレカに申請をしたらしたくても無効化するのは面倒じゃないのか?」とか、「クレジットの機能停止の申し込みが複雑なんじゃないの?」などと思われる方もいるという話だが、本当はクレカの裏面に記載されてあるカスタマーセンターに確認した後、クレジットの契約解除の意向を知らせるのみで手間取ることなく解約が実現できます(たった3分ほどの手続きで解約できます)。クレカを作る前の段階は信じられない程手間だったのとは違って無効化の手続きは本当に数分の電話で完了するの?などという風に肩すかしにあって何も考えられなくなってしまうと思います。正真正銘契約解除のやり取りは労力なしに終われるのでしょうか?当然です。カードの機能停止のやり取りは例外的な場合を除外すると使用中止のための書面も関係ない上に執拗に粘られるようなことも起こり得ません。嘘偽り無しにただ「使っているカードのサービスを契約解除したいと思っておりますが・・・」といった具合に電話口の応対者に向かって伝えることさえすれば大丈夫です。実のところ、私の友人も過去に20枚を越えるほどのクレジットカードを無効化するために連絡を取り続けてきた実体験を振り返っても、未だかつて解約においてとまどったような場合は普通はないからそういった懸念については一息ついて問題ありません。友人から教えてもらった実話によると使用中止を行おうと電話したところ無効化しなければいけない理由がどういうものであるのか質問されるという例外的なやり取りが存在したらしいのですが決して大仰なものではなく軽い調査という雰囲気の聞かれ方だったとのことでしつこく継続を迫られる手間もほとんどないと教えてくれました。都合を言わなければいけなくなったという状況に直面したとしても正直に『年会費がもったいないから』であるとか『競合他社のカードのDMを読んだらそちらが活用できそうだから』という風に伝えれば良いだろう

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.