www.pourcelot.com

-

-

為替に関しての根本的要因の説明をします。為替市場というのは「直接的に金の送付をしない場合でもお金のやり取りの望みを果たすこと」になります。為替取引は主に外国為替を示す場合が大半です。国際為替というものはお金の取り替えを行う事です。外国へ旅行(シンガポール、マレーシア、アメリカ)を以前にしていれば、為替のやり取りの経験があると思います。銀行窓口にて旅行先の国の貨幣に交換するのはまさに為替になります。為替レートというのは、買いたいと思う人と売る側の金額を意味するものです。銀行のやり取りの結果確定するものです。それはマーケットメイカーと言われている指定されたいくつもの銀行です。為替相場は周辺からの働きを受けつつも休まずにみるみると変わって行きます。為替相場を変動させる要因になるのはファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズが指すのは経済情勢、経済の基礎的条件やいろいろな要素のことを指すものです。それぞれの国の経済の拡大や景気の状況、物価の指数、金融緩和政策、国際収支統計、有力者の一言等々の要因が影響して為替相場は変わり続けます。とりわけ国際収支と失業者数は肝心なところと言われます。国際収支統計は日本の組織でいう財務省の指令で中央銀行(日本銀行)通関統計を利用して取りまとめた国外との一定期間の経済上のやり取りを書き留めたものですです。この統計は中央官庁や日銀のHP等で知ることができます。就労者の統計、失業率も肝心となる場合が多い項目だと言われます。ことにアメリカの労働者の統計は重要となります。月次で公開され調査目当てが広範な点が大事なところです。為替レートの動向は経済の動きを示しているのです。国の経済の状況を理解することによって為替の相場の変動の先読みが可能であると言うことです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.