すべての徴集行為は認められなくなります

-

-

前置きとして、個人が破産を申請するまでは借金のある人へ対する電話を使用しての借金取り立てと、債務のあるその人の住所への訪問による返済要求は法律違反とはいえないということなのです。

そして、破産の事務手続きに入ったのち申請までに無駄な手数がかかるときには取り立てを実行する危険性が増えます。

債権保持人側としては未納分の支払いもされずに、自己破産などの法律の処理もされない状態だと会社内での対処を遂行することができないのです。

それと、債権保有人の一部にはエキスパートに助力を求めていないと知るとかなり強硬な回収行動をしてくる債権者も出てきています。

司法書士事務所や弁護士にアドバイスを求めたケースでは、個々の債権保有者は債務者に対し直接集金をすることが許されません。

要請を受諾した司法書士の人や弁護士の人は依頼を任されたと記載した通達を各債権者に配達することになり、各取り立て屋がその手紙を開封したならば負債者は取立人による激しい返済要求から放たれるのです。

ちなみに、取り立て業者が会社や親の家へ訪問しての収金は借金に関する法律のルールで禁じられています。

貸金業の登録が確認できる会社ならば勤務地や実家へ訪れる収金は法律に抵触するのを把握しているので違法だと言えばそのような取り立てを続けることはないと言っていいでしょう。

破産に関しての申し立て後は当人に対しての取り立てを入れ、すべての徴集行為は認められなくなります。

それゆえ、取り立て会社からの収金行動はなしになることになります。

しかしときどきそういったことを知っていてやってくる取り立て屋も存在していないとはいえません。

事業として登録済みの業者であれば、自己破産に関しての申請後の徴集行為が貸金業法の条項に抵触するのを把握しているので、違法であると言ってしまえば、そのような集金を維持することはないと考えます。

とはいえ法外金融と言われる不認可の取立人においてはこの限りとはならず、強引な集金が原因の被害事例が減らない状況です。

裏金が取り立て屋の中に存在しているときにはどんな理由があれ弁護士の方それか司法書士などの専門家に助力を求めるといいといえます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.