www.pourcelot.com

-

-

破産の申し立てまで訴訟などの動きは許されています。自己破産に関する正式手続きに入ったのち請求までに手数がかかる場合では債権者によって裁判にされるリスクが高くなります。債権保有人サイドからすると残金の返納もすることなく自己破産のような正式な作業もされないといった状態であると業者内での終了処理を実行することができなくなります。つまるところ審議により裁決が与えられようとも自己破産手続きの申請者に負債を完済する財力はないということです。債権者もそれについては認知しているので、訴訟提起という示威行為で期待通り和解にさせ完済させるとか当人の両親や関係者に肩代わりしてもらうというようなことを狙っている場面も見られます。西暦2005年の1月1日に改正がなされた新しい破産の法律では自己破産の申し立てをすると差し押さえのような法律の要請については効果をなくすことになるわけです。だから、破産法の時とは別で提訴などということをしても無意味になると予想されるということになり、真剣に裁判をしたがる債権者はほぼ全部存在しなくなると思います。その意味合いでも西暦2005年1月1日に改正となり破産申請は今までと比べて申請しやすくなったと考えられます。返済督促のときですが支払督促と呼ばれているのは裁判官が債務者に対し残額の払込をするようにという督促です。普通な提訴をするケースとは違って業者の独善的な発言だけを聞きながら行われていくため通常の訴訟のように期間と費用がかかりすぎないので債権者がよく使用する法的な手法です。裁判所の督促の申請があった場合、裁判所から通知が送られることになってその書類が送られてきてから14日が経過した場合、債権者は負債人の資本(給与も対象とする)に対する差押え処理がやれるようになるということです。支払督促に対抗して異議の届出を送ることができる場合は一般の争いに移ることとなります。(注)通常の訴訟は長引きがちですので、免責判定までには裁決がなされない可能性が濃厚になることは知っておきたいです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.