クレカはカード利用以外の意味でも非常に有益な道具なのです

-

-

カードを契約していると、加入会社から利用代金明細が送られてきます。

その明細書を見るよう習慣づけていればどの場所で何月何日にどの商品にカードをいくら分消費したのかというような詳細事項が記載されているため、以前クレジットカードを用いた支払いの履歴を一目することがきわめてわかりやすく便利でもあります。

代わりとするのはある意味きびしいと思いますが、まとめやすいおこづかい帳風にすることも可能なので節約がもっとやりやすくなるはずです。

このクレジットカード利用明細送付されてから通常は一か月後経つか経たないかでカード代金の支払いが行われます。

つまりこれらのクレジットカード利用代金明細を見て、感覚的に覚えのない項目例えば申し込んでもいないサービスが記載されていれば、クレジットカード会社に電話をして聞けば良いだけなんです。

その際に偽造による不正使用などのあなた以外による使用が確認された際にも利用者にミスがないならば大抵の事例においてはカード会社がそれらの不正な支払いを免除してくれます。

近頃ではこの便利なクレジットカード利用代金明細をホームページで照会できるカードがほとんどです。

常にある月にどのようなサービスを決済したかを注意しておくようにして不正使用を防止するだけでなく出納帳ともなり金銭管理でさえも一つで足りてしまいます(パソコン画面でクレカの履歴を見ることが可能なカード会社は前月よりまえの来月以降の請求額といったことも見ることがOK)。

クレカはカード利用以外の意味でも非常に有益な道具なのです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.