見ず知らずの人に不正使用されないようバラバラにちぎって廃棄

-

-

使用したレシートの保管義務はあるのだろうか?。

結果をはじめに述べるととっておく必要性はないというのが解答です。

人によっては保存していることにより自身が使った明細を持っておきたいと思う場合残せばよいのですし、逆に言うとそういった履歴は無くても困らないというのであればとっておく理由はないと言えます。

但し月に一度送られる明細書類との照らし合わせ作業の時においては例外なくこの明細レシートは必要となります。

明細レシートをそこまでは少なくとも保存しておかなければどちらでいついくらくらい使用したのかということが明確でなくなることだけではなく、誤った請求の他二重請求に関する照らし合わせができなくなってしまうからリスキーです。

クレカを使った大きさについてはレシートを保管していないと覚えていないはずです。

理想的には利用明細書が来る1ヶ月から2ヶ月くらいは、しっかりと捨てないようにしたほうがよい。

クレジットカードの利用レシート破棄法:クレジットカードのレシート処分手段は至って単純なのです。

見ず知らずの人に不正使用されないようバラバラにちぎって廃棄するだけで問題ない。

市販の機械等が自宅で使えるようであれば念のため利用するほうが良いでしょう。

なんと言ってもクレジットカードの利用を残している明細レシートであるがゆえ、カードナンバー等、機密の情報について知られてしまうものが多く書いてあるのです。

所詮利用レシートと軽視せず、厳重に実施したほうがよいでしょう。

悪用防止のためにレシートにカード番号等の個人の情報が記載されないレシートもあるようだが、過信は禁物です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.