日本のお弁当文化が海外で受けている

-

-

最近フランスとかヨーロッパでお弁当箱が売れているそうです。

海外ではお弁当箱というものがないそうで、タッパーにサラダやおかずだけを単品で詰めていたり、紙袋にサンドウィッチを入れたりしているのだそうです。

それに比べて日本は色々な素材のお弁当箱があって、形は可愛いし、中に仕切りはあるし、抗菌性があったり冷たくしておけるものがあったりとバラエティーに富んでいるので人気が出ているそうです。

知りませんでした。

そういえば昔読んだ海外の漫画では、主人公が紙袋にピーナツバターのサンドウィッチを入れて学校に持っていっていました。

ピーナツバターだけのサンドウィッチがお昼なんてしょぼくて信じられないけど、紙袋に入れて持っていくのは何かいいなと思っていたのですが、海外の人から見たら色んなキャラクターがついているお弁当箱は、カワイイとかクールジャパンと受け取られているのですね。

そういえば日本のお母さんがつくる凝ったキャラ弁も海外で大人気だのだそうです。

日本のお弁当文化は海外で受けているのですね。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.