お店の控え明細

-

-

クレジットをショップで使用する時、体験があるかと思うのですが店頭の人がわからないことでどの紙をお客様へ対して渡して良いのか迷うことがあるはずです。

というのは、クレジットを利用するとマシン複数の利用レシートというものが発行されるためこの明細のうちどれを利用者へ差し出すべきか迷うという話です。

3枚1組の明細の正体とは)これまで述べた3枚1組の利用明細の内容はどういうものかということについてまとめると以下の記載の内容になります。

1利用者へ渡す紙。

2お店の控え明細。

3クレジットカード会社保管用紙(サインするレシート)。

普段は例外なくカード利用者に渡すべき明細レシートを渡すのが正しいのですが、ごくたまに違う使用明細の方を利用者にミスして渡してしまうというパターンや、署名した側の利用明細自体を渡してしまったなどという痛恨のミスさえも見受けられます。

このようなケースは時間給店員やいつもクレジットカードというものが利用されないお店にてクレジットを利用する際、こういった店員の困った姿というものが拝見することが出来るのではないでしょうか(笑)。

いつの日か従業員が誤った明細レシートというものを渡した場合には、どうぞ「こちらは違いますよ」と一言直してみてはいかがでしょうか。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.