差益を追いかけることではなく

-

-

外国為替証拠金取引で投資する魅力は単独の金融商品あるにもかかわらず、投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3種類の中からどの種類を選ぶかによって、投資の手だてが変わってくるという点にあると言われます。

外貨投資の「長期スタンス」を考えよう。

長期の投資というものは、一年以上の長期出資が基本とされているものです。

一般的に為替の相場で一年以上後々の為替のレートが円高であるか、円安になっているかを予想するなんていうことはほとんどの場合難問なはずです。

実際のところ「そんなにも後の変動は予言できない」と思うのが実際のところです。

考えられないものを予測しようにも無意味なのです。

そういう訳で、他の貨幣を買ったら、その時の買いレートよりも円高に変わったとしてもそれは少し経てば元に戻るはずだという感覚で取引に取り組むことが大切です。

差益を追いかけることではなく、別の方法での差益言い換えればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるのを、第一のターゲットということにして始めてみましょう。

当たり前ですが短期で為替の差損に損がなってしまうことがあります。

そのことから、そのような損失に影響のないようレバレッジを最小限に抑えるのはポイントです。

外国為替証拠金取引は損がある範囲以上大きくなると追加保証金(追い証)が出て来たりあるいはロスカットになったりします。

ロスカットをすることになったら、さっさと取引をフィニッシュする必要があり、長期投資はダメになります。

こんな危険を回避するには、レバレッジ2?3倍にして売り買いするのが安心です。

第二に中期の場合の売り買いを説明します。

中期のスタンスのケースは2ヶ月ほど先を考慮しての売買なのです。

為替売買の際、約1ヶ月くらい後のことは、だいたいの場合先読み可能でしょう。

G7などのような世界的な集まりの話題、為替のトレードで取引している人たちが何を事柄に注目しているのかを調べればある程度、推測できると思います。

こんなファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしながら、グラフを参照することによって、為替レートの動向を把握し、トレードを見定める方がいいと思います。

基本的に、ファンダメンタルズとジャッジの両方で良い状況であり、あるいはどちらも買い傾向が同様の時はほとんどの場合判断した通りに動いていくと考えて良いのです。

そこで持ち金を増やすことによってもっと高いリターンをもらえるのです。

最後に短期の重要点です。

この短期のスタンスが示しているのはすなわちデイトレードのことを言っています。

為替相場でデイトレードをする場合、経済情勢はいっさい関係ないと断言していいです。

なぜならば明日のレートの動向に経済の状況は影響しないからです。

ここでの最大のカギは注目される催しがあると、そのおかげで為替レートが大幅に動くチャンスを見逃さないよう取引することです。

例を挙げると、米国において雇用情勢が提示される、それとも金利政策などで金利が変動するようなこと。

こういった絶好の機会に変化を見過ごさないという理由で、短期のトレードでは技術的な知識が必須になる。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.