存在しなく決まった目安で査定されます

-

-

中古車の売却額査定のポイントとして重要性の高いところに走行距離がまず考えられます。

走行距離というのは車の消費期限とされることも多くありますので、実際の走行距離が長ければ長いほど、見積もりの際にはマイナス要因になるでしょう。

一般的には走行距離は短いとそれだけ売却額は高値になりますが、本当のところそんなに細かい線引きは存在しなく決まった目安で査定されます。

これについては現実に中古車を車買い取り店で売買をする際も重視される重要な留意点です。

例えば普通車では年間走行距離1万キロが基準としてこの走行距離を超えていると大抵マイナス査定となります。

軽自動車ですと、年間標準走行距離が8000kmがまた年数の割には走っている距離が非常に少ないという場合でも、査定金額が上がるとも一概には言えません。

本当にやってみるとよく感じられると思いますが、自動車は放っておかずに走らせることで車両のコンディションを維持しますから、年数の割に走行距離が少ない自動車の場合故障を起こしやすいと見られることもあります。

中古車の査定に関しても同じだと言えます。

基本的には年式と走行距離での査定の留意点は、保有年数と比べて適した走行距離になっているかということです。

次にその自動車の初年度登録からの経過年数も、車の見積査定の注意点のひとつです。

十分にわかっているというような人がたくさんいると思いますが、通常は年式については新しければ新しいほど査定をする上で高評価が出やすいのですが、例外的にその年式の車に特別な価値があるものは新しくない年式の場合でも高額で査定されるケースがあります。

同一車種で同じ年式の場合でも、その年式の中でマイナーチェンジ、モデルチェンジがなされている車は当然、それぞれのモデル次第で見積額は異なります。

同じ自動車の下取り額というような場合でも様々な要素で査定額は大きく相違があります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.