受験をしなかったことで後悔していること

-

-

30代が近くなった現在、後悔していることの1つに受験をしなかったことがあります。

私は高校時代、入学したい大学があったので日々勉強を行っていました。

家庭教師や塾というものは利用していませんでしたが、個人的に勉強に励んでいたのです。

模試を受けると、きちんと勉強の成果が出ていると感じました。

しかし徐々に伸び悩むようになりまして、このままでは志望大学に合格できないという不安が出てきます。

すると受験が怖くなってきました。

そこで私は、学校の推薦を受けることにしたのです。

これは志望大学では無く、私が目指すレベルではありません。

それでも受験に失敗して落ちるよりはマシだと考えてしまったのです。

結果として推薦による入学が決まりました。

ですから結局、勉強したことは意味が無いに等しかったです。

そこで現在、受験しなかったことを後悔しています。

実は社内では学歴も昇進に影響があり、私が入学したかった大学は出世できるところです。

しかし推薦で入学した大学は、かなりイマイチです。

今更遅いですが、勝負していれば良かったです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.