上記のチャートは

-

-

外国為替取引市場の外国為替証拠金取引(FX)のことを解説していきましょう。

外国為替証拠金取引(FX)のやり方は二つの異なる国の金をやり取りをしてそれらの差し引いた利益をもらえるといったような流れとなります。

こういった二つの異なる国の金の関係で出る利益をスワップ金利をいうのです。

このスワップ金利というのは正確にはスワップポイントと呼ぶらしいです。

FXのスワップポイント(スワップ金利)とは、日ごとに獲得する事ができますが、毎日のレートの変化でわからないのです。

FX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)で儲けることを目的に、FX(外国為替証拠金取引)の為替トレードをする方もいます。

スワップポイントは取引業者ごとにも違ってくるのでほんのわずかでも儲けが多い取引業者で取引したいものですね。

しかし、スワップポイント(スワップ金利)は為替が動くと一緒に動いてしまうので用心してください。

加えて為替トレードを行う時にはグラフを読むのが欠かす事ができなくなるのです。

グラフを見る事で為替の相場の流れを読む事が可能になるようです。

外国為替取引ビギナーの方が見たら何のグラフ?のように疑問に思うのでしょうがポイントをつかんでいれば図を理解する事が可能となるらしいです。

この時期から日本円が上昇傾向にある又は下がって来ているという風に今まさに最近では円安になるとこのチャートで判定する事が可能となり、為替取引をやる際はためになるネタとなります。

上記のチャートは、日本では一般にローソク足が使われており名前の通りローソクの形をしたグラフで表されています。

ローソク足(陰陽足)では、高値や安値かつ終値か始値などを表現していてチャート図においていろいろな格好になって行くのです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.pourcelot.com All Rights Reserved.